ロゴ
HOME>Review>育て方について知ろう!【多肉植物に聞いた育て方のコツ】

育て方について知ろう!【多肉植物に聞いた育て方のコツ】

植物

多肉植物は見た目のかわいらしさなどから、人気が高いです。いろんな種類の多肉植物を育てている方もいるほどなので、この機会に育ててみましょう。育て方はコツがいりますが、それが植物を育てる楽しみでもあります。

この話題の口コミ

手入れのし過ぎに要注意!(20代|男性)

ゴールデンカーペットやシャビアナなど、多肉植物をいくつも育てていますが、育て方で一番注意したいのは手入れのし過ぎですね。見た目のユニークさや挿し木の楽しさもあってついつい時間を忘れて手を掛けたくなりますが、多肉植物は手入れをし過ぎると形が崩れたり、過去には枯れてしまったりしたこともあります。例えば肥料を与えすぎると成長が早すぎて茎が変な方向に曲がったり、全体の形状のバランスがおかしくなったりします。また水を与えすぎると葉は膨らんでいるのに、茎が貧弱になるためまっすぐ伸びずに横に這うように成長してしまいます。元々多肉植物は乾燥地帯に群生する植物なので、ちょっと足りないと感じるくらいの肥料と水を与えるのが育て方のコツです。また多肉植物にはそれぞれ種類ごとに適切な植え替え時期があります。例えば今手入れをしているアドロミスクスは春秋型なので4月や5月、または9月や10月が最適な植え替え時期です。時期を間違うと場合によっては逆効果になるので要注意です。

葉挿しや水挿しで増やすのも楽しい(40代|女性)

家の中で鑑賞できる植物が欲しくて友人に育て方を教わり、エケベリアやクラッスラを育てています。見た目も可愛らしくて毎日の手入れが楽しいですが、特に気に入っているのが葉挿しや水挿しでどんどん増やせる点ですね。先述のエケベリアも葉挿しで増やせるタイプの多肉植物です。葉を切り取って日陰で乾燥させていると、数日で切り口部分から根が出ているのが分かります。次に根に土をかぶせてあげて、あとは日なたで水やりをしてあげるだけです。育て方も簡単ですし、慣れてくるといくつも増やせるようになるので、多肉植物を初めて飼う方にもおすすめです。また最近は朧月という多肉植物も毎日手入れを楽しんでいます。寒さや暑さにも強い上に日陰でも育てられるので、家の中でも育てやすいです。水挿しによって増やせるので、慣れたら挑戦してみるのも良いですよ。